高校生生涯最後のメモリー開発の機会を作ってくれたキャプテンのワンポイント

季節は春もこれから終わりをむかえる5月の連休明けのことでした。
僕が通っていた高校生では5月の末に球技ビッグイベントがありました。
球技ビッグイベントと言っても参加するのは実行部関与の生徒とボランティアの生徒が競技に参加するだけで、
他の生徒は競技を見ているだけなのですが。
僕は実行部にも所属しておらず、また実行心が良いわけでもなかった結果、
昔2回の球技ビッグイベントに参加しませんでした。
僕が所属していたのは文芸部という政策のおレクリエーションタイプ的部活でした。
こうしたわけで、球技ビッグイベントのことなど更に考えにもせずに部室で延々と過ごしていました。
しかし、今年は絶えずと変わりました。
安心月曜日の主旨だったと思います。
いくぶん遅れてきた船長が勢い良く部室の扉を開けて言いました。
「お前陣、球技ビッグイベントに参加するぞ!」
有無を言わせぬ船長の面持は鬼気差し迫るものがありました。
何かあったのかと僕が尋ねると
「いま、陸上部のやつにバカにされた。口惜しいから球技ビッグイベントであいつらを徹底的に亡ぼしたんねん」
その一言で隊員たちは根こそぎを悟りました。
こう言い出した船長を誰にも止められないのは当社が特別良く知っていたからだ。
こうして、高校生生活最後の球技ビッグイベントに私たちは参加することになりました。
今にして思えば、こういう参加があったからこそ、何も楽しいことがなかった高校生生活に
唯一の想い出ができたと思っています。